地方移住には千差万別のライフスタイルがあります。移住の目的や条件を具体化するにも誰に相談したらよいか、情報収集は何処でするのかなど、事前に調べることがたくさんあります。
「移住シミュレーション」では、地方自治体の協力を頂き、移住にまつわるライフスタイルのイベントを6つのステップに従い一つひとつ明確にしていくことで最終的に具体的な移住後のライフプランを資金面も含めて作成します。

移住シミュレーション実証実験ツールです今後利用者様へのアンケートなどを通じて頂いたご意見やご要望を取り入れて、さらなる改善を進めてまいります。
【お知らせ】
2018年3月16日 実証実験ツール「移住シミュレーション」を公開しました。
2018年5月22日 熊本県の自治体情報を追加しました。どうぞご活用ください。


移住シミュレーションの6ステップ

ステップ1

「自分に合った移住先を探す」「地図から探す」のどちらかを選択

ステップ2-1

「自分に合った移住先を探す」の場合・・・移住の条件を選んで自分に合った移住先を選ぶ

ステップ2-2

「地図から探す」の場合・・・住みたい移住先を選ぶ

ステップ3

自分に合った移住先の情報を見る

ステップ4

自分と似ているシミュレーションキャラクター「イジュラー」を選ぶ

ステップ5

イジュラーのシミュレーション結果を見る

ステップ6

自分の条件にカスタマイズしてシミュレーション結果を見る

ステップ1 移住先の探し方をえらんでください


日経電子版 新着ニュース一覧

住みよさ求め夫婦で全国を調査 最高点の熊本へ
ふるさと納税開始10年 人口増に寄与した使途も
故郷徳島から岡山へ 新天地選びは地域の支援決め手
大山1300年 関連イベント続々 大山寺住職代行 大館宏雄さん(語る ひと・まち・産業)
農業と農村はどうすればもっと元気になる?
農家の「軽く一杯」はお泊まり、転職移住の思わぬ現実
移住したい県 長野が1位に返り咲き、福島が急上昇
SDGs、中小企業・地方に商機と言えるワケ
「不快な変化」こそチャンス ドラッカー流働き方改革
徳島にIターンした元会計士 専門能力を企業でいかす
中山間地に企業誘致 山口FG系 広島県と廃校活用
長野県人口、0.59%減の207万人 17年10月時点
埼玉県人口、0.28%増731万人 17年10月時点
地方移住、主役は20~40代に 生活の質求め新風
岩手の3銀行、東京営業拠点に遠野市の移住相談窓口
郷里の輝き、子供に伝える福島・川内で「学校」(災害考)
北関東3県の人口、45年に2割減社人研の将来推計
九州・沖縄の市町村、9割が人口減 2045年推計
四国4県人口 45年に26%減少 減少ペース 緩和傾向も 厚労省推計
埼玉県人口、0.28%増731万人 17年10月時点
兵庫なのに大阪人気質?尼崎の深い絆(もっと関西)
アドヴァンテージ、加賀に遠隔拠点 観光業の人手確保
増える30代の地方移住 IT普及で就労しやすく
震災7年 人を結ぶ「あったか」東北シェア
地方企業で輝くキャリア 成功増えるU・Iターン転職
仕事やめたい40歳 遺産1億円で人生逃げ切れる?
石川知事選、2氏立候補 人口減・人手確保策も課題
長崎市の当初予算案、2.5%減の2044億円
人口減対策に重点 栃木県18年度予算案
四国4県 5年連続で転出超 17年、徳島以外は縮小
定年後のメンタル危機 備えは30~40代から!
地元産業の担い手育成へ早大と協定 富山県が15日に締結
人口減対策、さらに知恵を 横路氏・高向氏